売りたい

仲介手数料について

仲介手数料とは

仲介手数料とは不動産会社を通して不動産を売ったり買ったりする場合に、不動産会社に成功報酬として支払うお金のことで、宅建業法で以下のように上限金額が取り決められています。

200万円以下:5%+8%(消費税)

200万円超~400万円以下:4%+8%(消費税)

400万円超:3%+8%(消費税)


ただし、取引される不動産金額が400万円超であれば、単純に③の不動産金額の3%+8%(消費税)が仲介手数料になるというわけではなく、400万円以下の部分に関してもそれぞれの金額の範囲の利率で計算した金額を加えた合計が仲介手数料となります。

仲介手数料の計算方法

仲介手数料には何通りかの計算法がありますが、その一例を説明いたします。

●宅建業法にもとづく仲介手数料の計算方法
〈売買価格が1500万円の場合〉
200万円以下の範囲を計算
  ・・・200万円×5%=10万円
200万円超~400万円以下の範囲を計算
  ・・・200万円×4%=8万円
400万円超~の範囲を計算
  ・・・1100万円×3%=33万円
合計すると51万円になり、これに消費税(8%)を加えた55万800円が仲介手数料になります。
宅建業法にもとづく仲介手数料の計算方法

ただし、3つに区分して計算するのは面倒ですから、物件価格が400万円を超える場合は、通常、次の簡易計算式が使われます。
〈売買価格が1500万円の場合〉 (1500万円×3%)+6万円+8%(消費税)=55万800円

上記の簡易計算式に突然現れた『6万円』は何処から出現したのかを下記の例でご説明いたしますと、簡易計算式では1500万円全体に3%(400万円超〜の手数料)をかけていますので、200万円以下の手数料(5%)と200万円超〜400万円以下の手数料(4%)との差額が生まれます。
[1] 200万円以下の仲介手数料は、5%(10万円)ですので、3%(6万円)との差額は4万円
[2] 200万円以上~400万円以下の仲介手数料は、4%(8万円)ですので、3%(6万円)との差額は2万円
[3] 400万円以上~場合の仲介手数料は、3%(33万円)ですので、3%(33万円)との差額は0円となり、
[1]+[2]+[3]の差額の合計が、簡易計算式で出てきた6万円となるわけです。


●仲介手数料の簡易計算式

200万円以下の物件不動産価格×5%+8%(消費税)
200万円超~400万円以下の物件不動産価格×4%+2万円+8%(消費税)
400万円超~の物件不動産価格×3%+6万円+8%(消費税)


平成26年10月現在