売りたい

売却するときにかかる税

譲渡取得税

譲渡所得税とは個人が不動産を譲渡して得た所得(譲渡益)に対し、給与所得や事業所得などの所得とは別に所定の税率で課税される所得税と住民税のことをいいます。

譲渡所得税には大きく分けて「長期譲渡所得」「短期譲渡所得」があり、税額もそれぞれに分けて計算されます。

  • 長期譲渡所得:
  • 譲渡した年の1月1日現在で所有期間が5年を超えるもの
    税率は20%(所得税15%、住民税5%)



  • 短期譲渡所得:
  • 譲渡した年の1月1日現在で所有期間が5年以下のもの
    税率は39%(所得税30%、住民税9%)




●譲渡取得税の計算方法

「譲渡取得税額」=「課税譲渡所得金額」+「長期または短期譲渡所得の税率」

譲渡所得税額を計算するためには課税の対象となる「課税譲渡所得金額」を計算する必要があり、計算式は以下の通りです。

「課税譲渡所得金額」=「譲渡価額」-「取得費」-「譲渡費用」-「特別控除」

取得費 売却した土地や建物の購入価格・購入の際の仲介手数料・売買契約時に添付した印紙代などがあります。購入時の契約書・領収書によって確認します。実際の取得費が不明の場合は、譲渡価額の5%となります。
譲渡費用 土地や建物を売却するために要した費用で、売却の際の仲介手数料や売買契約に添付した印紙代などがあります。
特別控除 居住用財産を売却した場合は3,000万円の特別控除、特定住宅地造成事業の為に土地を売却した場合は1,500万円の特別控除などがあります。

※その他特別控除などの詳しい情報はこちらをご確認ください